銀行の法人融資 事業資金借入の審査

横浜銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

横浜銀行の法人融資でも事業資金調達や運転資金繰りが可能

港町横浜に所在するのが横浜銀行です。その横浜銀行でも様々な法人向けの融資が行われています。では、どういった種類の融資があるのでしょうか。メインのローンの詳細を主に、探っていきましょう。

中小企業が借りるなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

横浜銀行の法人融資では、『〈はまぎん〉スーパービジネスローン』があります。こちらの融資は、東京都町田市や神奈川県の中小企業のためのローンとなっています。横浜銀行と融資の取引がない法人も利用できる点が特徴です。無担保であり最高で5000万円まで借りることができます。また、最長5年間の返済期間となります。

条件としては、売上高が10億円以下の企業であることや、2年以上の業歴があること、直近で2期分の確定申告を続けて完了していること、金融機関から借り入れで延滞をしていないこと、株式会社などの会社であること、不動産業やパチンコホール業でないことなどといったものがあります。金利については、固定金利だと年2.75%から、変動金利は年2.95%からとなっています。

個人事業主なら『ビジネスフリーローン』を利用することが可能

個人事業主の方が横浜銀行で事業資金調達や運転資金繰りのために借り入れをするなら、『ビジネスフリーローン』を利用する方法があります。10万円以上500万円以内の借り入れが可能であり、1年以上10年以内という融資期間です。300万円までの借り入れであれば所得確認のできる書類は必要ありませんし、幾ら借りるかに関わらずに見積書などの、資金の使用用途に関する書類も必要がありません。

金利は年4.800%、年8.000%、そして年14.500%という固定金利になっていて、どの金利になるかということは、審査後に決められる仕組みとなっています。申し込みは、FAXか郵送という方法があります。また、契約には来店が必要になることも覚えておきましょう。借り入れができるまでは、最短で1週間から2週間ほどかかります。

横浜銀行には手形割引や不動産担保の融資もある

この他の横浜銀行の法人融資では、『手形割引』もあります。所有している商業手形によってスピーディーに融資を受けたいという法人に適している融資です。長い期間にわたって安定的に資金を調達していきたいという法人にもうってつけです。

さらに、有担保のローンもあります。こちらは、不動産を担保として資金を調達することができるローンとなっています。行っている事業の内容が信用保証協会の保証の対象ではない場合や限度額や返済に関する条件が、信用保証協会の定めている保証制度とマッチしない場合などに利用することができます。このように、手形を利用した融資や、不動産を担保とする融資もあります。

急ぎ至急の資金繰り融資に対応

ジャパンネット銀行ビジネスローン

ビジネスアカウントを持っていれば審査が早い
申込時に必要書類が少ないので申込がラク

  1. 個人事業主向けビジネスローンは必要書類なし
  2. 法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出
  3. WEB上で契約後すぐに利用開始
  4. 即日融資は難しいのが難点
実質年率 限度額 担保・保証人
4.8%~13.8%
500万円
【個人】不要
【法人】代表者の連帯保証が必要

 

ジャパンネット銀行ビジネスローン >> 続きを読む

 

すぐに融資を受けたい人向け↓資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも申込が可能
  5. ファクタリング業者は街金レベルのところも多いが、
    「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う!
資金調達プロ >> 続きを読む

 

-銀行の法人融資 事業資金借入の審査

Copyright© 法人融資 銀行ノンバンク<急ぎ借入>事業資金 経営資金の調達 , 2020 All Rights Reserved.