ノンバンク融資利用で経営資金調達・借入

ノンバンクを利用するケースと資金繰り、目的別ローン、カードローン、闇金

投稿日:

ノンバンクからの資金繰りを考えるとき

資金繰りについて考えるとき、ノンバンクからの借入で乗り切ろうとするときは、特殊な事情などがある場合です。
通常ならば、ノンバンクを利用しての資金繰りは避けるべきこととされています。
銀行などの金融機関からの資金繰りとノンバンクからの資金繰りとでは、資金の確保ということでも違った意味になってきます。
借入についての返済が厳しくなったためにノンバンクを利用すれば、その後は対応について大きく変わってくるのです。
たとえば、ノンバンクといっても銀行系の消費者金融から闇金に至るまで、じつにさまざまな業者があるため、借入についての金利ということだけでもかなり差が生じてしまいます。一概に言えない部分があるのです。
しかし、銀行などと比べるとやはり金利が高くなっているので、ただでさえ資金繰りに苦労して、やっと資金を回している状態なので、高い金利では利息が支払えなくなることもあるのです。
普通ならば、さらに資金繰りが厳しくなるのはわかり切っています。しかし、資金繰りに追い詰められているということは、今を乗り切ることだけを優先してしまうのです。
将来の返済にまで気が回らないのです。
そして、その結果、無理な借入を繰り返して、自転車操業といった状態へと追いやられてしまうのです。
とくに小規模のノンバンクからの借入が不良債権などになった場合は、法的な処置に出られたりして、破産といったところまで進む可能性もあります。
だれもが、こうした資金繰りではノンバンクは避けるべきと思っていますが、今の状況をしのぐためについ借りてしまうといったことがあります。
資金繰りの確保にためにノンバンクを利用するのは、短期間の一時的な場合で、必ず返済の予定があるときに限られるということを忘れないようにしましょう。

ノンバンクからの目的別ローンの利用

ノンバンクからの融資は大きく二分され、事業者を対象とした商工ローンのほかに、一般消費者が利用するフリーローン、目的別ローンといったものがあります。
この一般消費者を対象としたローンのうちのフリーローンは、申し込み方法が簡単であったり融資までに時間がかからなかったり、たいへん利用しやすいものとなっています。
しかし、金利が高かったり借入限度額があまり高く設定されていなかったりするため、ある程度、条件がついてきます。
しかし、一般消費者でも、多額の融資を必要とすることはあるのです。
それが目的別のローンです。
たとえば、住宅の購入資金を必要とするときは、多くの場合、住宅ローンを組みますが、これを利用しようとするときは、住宅の販売会社などが利用者に対して資金計画などを提示することが多くなっています。
そして、利用者が実際に住宅ローンを支払っていく相手は、公的機関や金融機関などになります。
そのため、住宅ローンの支払い相手がどのような機関になっているかを最初に確認しておかないと、相手によっては最終的な支払い総額で大きな差額が生じることになります。
銀行に支払っていくのとノンバンクへと支払っていくのでは、利用する金利の差から、長い年月の間に支払い総額でかなり差が生じるのです。
一戸建てやマンションの購入を決めて、販売会社の指示どおりに契約を交わしていくと、つい住宅ローンの支払い先を銀行と勝手に思い込んでしまうというのはありがちです。
住宅ローンを組むときは、その支払い先がどこになっているかを確認することはたいへん重要なことなのです。

ノンバンクでカードローンを利用する

ノンバンクの融資の一つに、一般消費者向けのローンがあります。
ノンバンクというのは、いわゆる消費者金融などの貸金業者です。
そして、一般消費者向けのローンというのは、カードローンやフリーローン、レディースローン、学生ローンなど、目的別にさまざまに分かれています。
一般に、個人で利用されるカードローンは、どうしてもほしい物があるときや遊ぶお金がないといったときによく利用されるのですが、数万円での利用というのがいちばん多いようです。
そして、給料日やお金が入った後にすぐ返済するといったパターンで利用されているようです。
要するに、少額での利用に適したサービスでもあるわけです。
このようなカードローンでは、初めて利用するときに利息のつかない無利息キャンペーンがあったりします。
それに、24時間営業のコンビニやATMが利用できたり、審査スピードが速くて即日融資のできるサービスを選ぶことで、ますます手軽に利用できるようになってきています。
ほかにも、自動車ローンに利用する人などもいます。
販売店が用意する銀行のローンよりもノンバンクのカードローンのほうが種類や利率によって安く済むケースがあるからです。
教育ローンについてもカードローンが利用できるので、利用者は、目的に合わせて選ぶようにするといいでしょう。
カードローンの申し込みは、今ではインターネットを通じて行うこともできます。
自分が希望する金額が借りられるかは、簡単審査の申し込みで知ることができるので、たいへん使い勝手のいいものです。
そこで、希望金額の融資についてオーケーが出れば、そのまま融資を申し込むことができるのです。
そして、早い場合は、融資の即日の振込みがあり、それをすぐに引き落とすことができます。

ノンバンクの融資で気をつけるべき闇金の暗躍

ノンバンクと呼ばれる業者には、さまざまなタイプがあります。
そのなかには、違法な営業を行っている業者もあるので注意が必要です。よく知られているのは、闇金と呼ばれている業者です。
闇金業者は、出資法で定められている29.2%を超える金利で融資を行っている業者で、多くは貸金業者として登録されていません。
しかし、貸金業者として登録をしながら、違法な営業を行っている場合もあるので、見極めることが難しいときがあります。
お金を借りる場合に、とくに注意しなければならないことは、返済期限を守ってきちんと返済するということですが、それができないと遅延損害金というものが生じます。
闇金業者のなかには、これをうまく利用したような説明で返済を迫る者もいます。
利息制限法では、遅延損害金は通常金利の1.46倍までの範囲内となっていて、借りたお金が10万円未満なら年率29.2%、10万円以上100万円未満なら年率26.28%、100万円以上なら21.9%となるということを覚えておくといいでしょう。
闇金業者の手法は、審査済みといったことや即融資可能といった甘い謳い文句を掲げ、借りやすいことを必要以上に強調して宣伝しているところに特徴があります。
しかし、一度借りてしまうと返済の請求が厳しくなっているのです。1週間、10日ごとといった間隔で返済を請求することが多く、支払いが遅れると、家族や職場などにまで請求の電話をかけてくることもあります。
どこでもいいから早く借りたいと焦っている人などは、冷静な判断などもできなくなっている状態にあることが多いので、くれぐれも注意が必要です。
もし借りてしまって返済に苦しんでいるというときは、すぐに専門の法律家に相談するようにしましょう。
被害が大きくならないうちに、すぐに行動に移すことが大切です。それに、違法な貸付けについては、民法708条の不法原因給付にあたるため、もともと返済をする義務はないのです。

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要
ビジネクスト >> 続きを読む

 

オリックスVIPローンカード BUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応しているので使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 主要なコンビニ全て・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要
オリックスVIPローンカード BUSINESS
>> 続きを読む

 

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも可能!
資金調達プロ >> 続きを読む

 

-ノンバンク融資利用で経営資金調達・借入

Copyright© 法人融資銀行ノンバンク<至急借入>運転資金 経営資金の調達 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.